自分を認めるということ

周波数の合ってしまった週だった。
いくつもの予感は当然のようにそうなった。
浮かんだ光景は目の前の現実になった。

P1150046.jpg

現実と非現実 肉体と内観と外観
境目の心地良さを知った時そこが最高の場所だと錯覚する
そしてその錯覚を何度も探そうとする

P1150044.jpg

冴えた聴覚は良い音もノイズに変え 音は頭の芯まで響く
冴えた感覚と鈍った感覚 上がるエネルギーと下がったエネルギー
良い状態を知ってしまったら何度も探しに行くことになる
良くない時もあるということを
人を許して認めてあげるように
自分を認めてあげなくてはいけなんだと思う

P1150049.jpg



数日前「あしなが育英会」から募金の領収証とお礼状が届きました。
先月に郵便局へ行った時にほんの少し募金した時のものでした。
お礼状の文章は何度読んでも胸の詰まる内容です。
「豊かな国」とは何が豊かなのか、と最近思います。
物に溢れて捨ててすっきりして、また買う。「豊か」とは物のことなのかな。
全ての子供達が心配なく生きて行けるよう、高齢の方がゆっくり過ごせるよう
そんな「豊か」になって欲しいとたくさんの方が願ってると思います。

9月15日ばんけい幼稚園「にじの会」主催のヨガに70人の方が参加して下さることになりました!
10月12日はスキー百瀬純平デモの稲穂町内会主催のヨガへ3年連続で行くことになりました。
本当にうれしいです。ありがとうございます。頑張ります。
この両方からいただく講師料は全て「あしなが育英会~東北大震災 津波遺児支援」へ募金します。
私はヨガを通して「与えることは与えてもらうこと」ということを学びました。
募金することで目には見えない素晴らしいことを与えていただきます。
全てに感謝します。